月経前症候群

月経前症候群の原因について

医師の案内

 

月経前症候群は、その英語表記からPMSや、月経前緊張症とも呼ばれている、女性特有の生理前に起こる様々な不調の総称です。

 

では、生理前にはなぜそのような不調が起こるのでしょうか?

 

月経前症候群の原因は医学的にもはっきりとはわかっていないのですが、その原因はどうやら、女性の身体の中に分泌される女性ホルモンと深い関係があるのではないかと考えられています。

 

女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)は、一定のバランスで身体の中に分泌されているのですが、

 

このバランスが生理前になると崩れてきてしまうのです。

 

具体的にいいますと、生理前はプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されるようになります。

 

一方でエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌は減少傾向になり、これが様々な不調を身体に引き起こすと考えられています。

 

エストロゲンという女性ホルモンは、別名『美肌ホルモン』とも呼ばれているホルモンで、主に、女性らしさを作り出すホルモンなのです。

 

例えば、肌の潤いをキープする。髪の質を艶やかにする。骨を丈夫にする。血管を強くする。善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らす。代謝を促進する・・・など。

 

女性を女性らしく魅せるホルモン、それがエストロゲンなのです。

 

医師の案内2

そんなエストロゲンに代わって、生理前に増加するプロゲステロンは、主に妊娠に関係するホルモンで、妊娠に備えて身体に水分や栄養を蓄えようとします。

 

この二つの女性ホルモンの微妙なバランスの崩れは、自律神経にも影響をあたえて、身体の不調を引き起こすと考えられています。

 

月経前症候群の主な症状としては、生理前のイライラや集中力の欠如、気分の落ち込み、不安感といった精神的な症状と、

 

顔や足のむくみや乳房の張り、頭痛やめまい、便秘などの身体に現れてくる症状の二つがあります。

 

では、そんな月経前症候群になってしまった場合には、どのような対処方法があるのでしょう?

 

ここでは、自宅で簡単にできる対処方法をご紹介してみたいと思います。

 

月経前症候群の対処方法について

症状が重度の場合は、婦人科を受診するのが最善の方法といえます。

 

また、症状がそれほど重くない場合には、生活習慣の改善によって月経前症候群の症状を緩和させることも不可能ではありません。

 

月経前症候群は、自立神経と深い関係があります。

 

自律神経には交感神経と副交感神経に分けられますが、月経前症候群の症状が日常生活にも影響を及ぼすようになるのは、この交感神経が常に優位の状態にあると考えられます。

 

交感神経と副交感神経も常にバランスを取り合っていますので、月経前症候群によってこのバランスが乱されている場合には、この二つのバランスを整えてあげることで、症状の緩和が期待できるのです。

 

食習慣の改善

納豆や豆腐などの大豆製品には、大豆イソフラボンが多く含まれているのですが、この大豆イソフラボンは、別名『植物エストロゲン』と呼ばれるほど、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働きをすることで知られています。

 

生理前のエストロゲンの減少で自律神経に影響を与えているなら、大豆製品を積極的に摂取して、女性ホルモンのバランスを整えてあげるというのも有効な手段になるでしょう。

 

その他、腸内環境を整えてくれる食物繊維を含んだ食べ物や、発酵食品、酸っぱいたべものなども、交感神経を鎮めて、副交感神経を優位にするのに一役かってくれるでしょう。

 

有酸素運動

運動の種類にもいろいろありますが、運動していて息がゼーゼーハーハーとなるような運動はどちらかというと無酸素運動の部類に入り、これは交感神経を働かせてしまいます。

 

逆に、スロージョギングやウォーキングといった息の弾まない運動は有酸素運動といって、こちらは副交感神経を働かせるのに効果的な運動になります。

 

休みの日を利用した軽い有酸素運動や、通勤に使う駅を一駅だけ歩くウォーキングなど、有酸素運動を生活習慣に取り入れることで、月経前症候群の緩和を目指します。

 

アロマのお風呂

適度な入浴も副交感神経を呼び覚ます良い生活習慣になるのですが、ここで注意しなければならないのが、入浴するお湯の温度です。

 

42℃を超える熱めのお湯は、副交感神経を呼び覚ますどころか、交感神経がますます優位になってしまいます。

 

副交感神経を呼び覚ますお湯の温度は、だいたい目安として38℃から40℃くらい。冬場でもせいぜい41℃くらいでしょう。

 

これくらいの温めのお湯で15分から20分程度、のぼせないように注意しながら入浴します。

 

そしてこのとき、アロマオイルを数滴湯船に垂らすのも、副交感神経を呼び覚ますのには最適です。

 

また入浴後にストレッチ運動をすると、安らかな眠りに誘ってくれて、副交感神経がますます優位になることでしょう。

 

ストレス

最後に、ストレスは月経前症候群には一番よくありません。

 

仕事や家事、育児などで、ストレスをためないということは無理な注文かもしれませんが、何事も深く考えすぎないなど、日々の生活において極力ストレスをためないように心がけることも、月経前症候群には大切な対処方法と言えるでしょう。

更新履歴